読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッ壊れたシャワーヘッド

好きなものを、不規則に撒き散らすだけ

14/12/31 福山☆冬の大感謝祭 其の十四@パシフィコ横浜

福山☆冬の大感謝祭 其の十四

Hotel de Fukuyama Ⅲ

お待たせしました!あなたの街でもオープンしちゃわnight!!

旅する音楽の館、Hotel de Fukuyama III

 

 

相変わらず長いタイトルだなー

というわけで2年ぶりにおてるでふくやま参加してまいりましたよ!

今年もありがたいことに年越しに参加できることができました。ましゃによると倍率がすごいことになってたらしくて。24万人応募の中の1万8千人だから「お前ら皆ラッキーボーイズとラッキーガールズ」だそうです。とりあえず「きゃーー♡♡」と叫んではみたものの、にわかあめさんは小心者なので「やべえ2015年の運気ここで使い果たしてねえかやべえ」と焦っておりました。

実は今回席もめちゃくちゃ恵まれてて、北花道の真横・柵から一列目でステージからも多分70mあるかないかの距離。ましゃが花道通って私の真ん前來たら多分2mもない!ボーダーレス!!死ぬ!!

2014年の舞台観覧では大活躍した私のオペラグラスちゃんも今回は一度も仕事することなく、肉眼でましゃの顔を首を滴る汗を拝んでおりました(変態)

 

というわけで2月15日の宮城公演をもちまして感謝祭全日程が終了したのでちまちま書いたメモを書きおこしてレポにしてみました。ましゃお疲れ様でした!!!

そしていつものように誰にも遠慮せずネタバレ全開なのでなにとぞ、なにとぞよろしくお願いします

 

 

 

とりあえず自分のメモとたまに他力に頼ったセトリ

-----------------------------------------------------------------------------

22:30~紅白中継でHUMAN、クスノキ

23:32~ライブ本編開始

1.少年

2.追憶の雨の中

3.逃げられない

4.カウントダウン~心color

5.good job

6.cool

7.milk tea

8.昭和やったね

9.Peach!!と見せかけてとりビー!

10.家族になろうよ

11.ただ僕がかわった

12.ミスキャスト

13.prelude~HUMAN

14.Cherry

15.revolution/evolution

16.化身

17.クスノキ

18.明日へのマーチ

アン1.蜜柑色の夏休み

アン2.all my lovin'

アン3.新曲(no title)

ダブアン1.暁/破暁

-----------------------------------------------------------------------------

 

あんね、あんね、ましゃごめん。今さんに惚れた。

いやぁ、油断してた。花道近いからもうこれはましゃガン見一択じゃないかと入場してチケットのQRコードピッてやって初めて席番を見たときはそりゃあ思ったよ。どんくらいかって、席に着いたらあまりの近さに放心状態で、前列に座っていたお姉様二人組が心配になって「大丈夫ですか、でも良かったですねーめちゃくちゃいい席でましゃに近いじゃないですかー」と声をかけてくれたくらいにはやばかった。

でもほら、女性ってサプライズと意外性に弱いじゃない?(万人に叩かれそうな発言)

ましゃはみんなのましゃだから東西南北全ての花道にまんべんなく気を使わないといけないし、なんならトロッコに乗って遠方席の人たちにも顔が見られるように配慮しているわけで、一回20曲目くらいのライブで自分のとこの花道通る回数が結構決められているわけですよ。

その間誰が来てくれるかというとチーム福山の主に動ける竿楽器勢

今回はオグさんこと小倉博和さんと今ちゃんこと今剛さんというギター二名が何度も交互に遊びに来てくれてて。二人ともすんごい性格出る演奏スタイルなんですけど、オグさんはとにかくかわいいの。『逃げられない』の時、前の曲の追憶で紙コップ聖水撒き散らすためにトロッコに乗ったましゃが私のいるゾーンと正反対の方向に行ってたのね。そしたらオグさん、かっこいいハモリギターを鳴らしつつてくてくとこっちに歩いてきて目で「ごめんね、ましゃあっちだけどお詫びに俺見て♡」と訴えてきたの!!!(超主観)いやいやオグさん見ますよあなたがこっちにいるならあなたが主役ですよ!!!!とまで言いたくなる可愛さ。つらい。

そして肝心の今さん。まーたミスキャストとかいうめっちゃえっちぃな曲の時にこっちに来ては、モデルばりのキャッツウォークを披露しながらギターをかき鳴らし、しまいには「こんさーーーーん!!!」と叫んだこっちの方に向かってウィンクしたべよ!!!!ねえもう私に向けてファンサしたってことにしていいっすか?てか絶対目合ったよね?合ったって言ってくれ_(:3 」∠)_

もうとにかくこんさんはせくすぃーなの!オグさんの「わーいみんな楽しんでるぅ?僕もチョー楽しい!」っていうのと正反対で「ほれほれ俺のギターを聞いていきなさい楽しんでいきなさい」という大人のかほりがする魅力というかなんというか。また長髪振り回してる様子もかっこいいのなんの。雰囲気的に井上キャプとちょっと系統が似てるというか。どちらも大人かっこいいっていうイメージ。

とりあえず私はあのウィンクに射抜かれました。今さん大好き!!

 

 

 

ここまでの内容みたら最早誰のコンサートでお前は誰のファンなんだって話になりそうなのでそろそろましゃのレポに切り替えます。

 

今年は新しいアルバムを出したこともあってセトリの内容もHUMANからの曲が中心になってるけど、映像やMCでも言ってたように25周年目という節目年ということもあって原点回帰を意識する内容になってたかなぁというざっくりした印象。

中盤の古い曲は基本的に「1アルバム1曲」という選曲らしいんだけど、映像ではふんだんにましゃの過去映像とかが散りばめられてて老いをk成長を感じました。残響あたりからかなぁ、ましゃの曲って愛や恋というテーマからどんどん「人生とは」とか「青春とは」とか「生きるとは」とか、もっと大きいテーマになっていってると感じてて、それはきっと例えば大河ドラマであったり、ホットスポットでのさらに幅広い仕事や、年齢を重ねてきているという事実がましゃを必然的にもそう考えるように突き動かしているんじゃないかなと思うわけです。

新曲もまさにそんな感じだった。WOWOWで見た人はご存知かもしれないけど、内容的にもなんか明るい群青って印象だった。青春謳歌まではいかないけど、若い人を諭すような、時間は大事だよと自省の意味を込めているというか、おじいちゃん臭いというか...歌いやすそうだしメロディも割と覚えやすい感じだったけど、多分アレンジは変わると思う。実際WOWOWで宮城の回見たとき旋律にフルート的な要素が増えてる気がした。終わり方があっけなかったのでまたアレンジされるんじゃないかしら。

でもせっかく4月あたりにアルバムツアーをやったんだから、感謝祭はもっともっと過去アルバムの曲フィーチャーしても良かった気もする。

一方で、VTRでもあったように2014年の一年だけでも映画だったり台湾うるるん滞在だったり台湾ドラマへの客演だったり、新しい体験も沢山してるから46歳全然侮れない。ただ雅治はん、雪の日に車が使えないからって京王線乗ったってどゆことっすか!!!!!京王線ユーザーだからドキっとしたよ。そして切符の買い方とかイマイチ分かってないスーパースター福山。つり革捕まって若干挙動不審になってるのめっちゃくちゃ可愛かった。

ちなみにスタジオの最寄りについてからタクシーのったら自分が諦めて乗り捨てた車が目の前にいたというオチ付き(笑)でも雪道危ないから電車が正解だったかもね。

 

 ましゃももちろん何度も花道遊びに来てくれたけど、改めてまでもないけどましゃスタイルいいよね。183cmの長身脚長でケツがぷりっとしてて。ましゃ基本的に花道は通ってから花道の先端で全会場に向けてファンサするので、私がいた場所だとケツポジが多かったです。なので遠慮なくケツを拝みました。ありがたやー。

革パン履いてるとケツのフォルムがいい感じに浮き出ますからね。長野くんほどぷりぷりしてるわけではないですが、揉みがいのありそうないいケツでした。やわらかそう。

そして汗。本編後半にもなると全会場走り回ってるのでもう汗ダクダクなわけですよ。会場密閉空間だから暑いし。だから花道走ってると私の方に汗が飛んでこないかとても、とても心配(嬉)。過去には某舞台を見に行った時に堤真一さんの汗を浴びたことがあります。一般の友達に自慢するともれなく皆気持ち悪がるのでみなさんお気を付けください。

あ、ちなみに私が入った回では一人酸欠で倒れました。新潟かどっかでも一人倒れたみたいなレポを見たきがするから、もちろん私たちでも水分補給しっかりするべきだけど、運営側もなにか工夫できるといいね。本当に会場暑い。タオル振り回す曲あると空気中のホコリもほんとすごいことになるから。

というかそれに限らず入場の時一人一人に手渡しでQPマヨ配るとか結構時間かかって入口大渋滞になったりするし、大きい紙吹雪は素敵だけど落ちてくるのにめちゃくちゃ時間かかるしステージに散ったやつに目がいってライブに集中できてないお客様もちらほらいるみたいだし、運営はちょっと試行錯誤してみてもいいかなと今回強く思った。言霊言霊。

 

そしてMCでの福山さん。去年から出席確認がなくなってしまったのが少々寂しいですが、トークはあいも変わらず。前述とおり今回の年越しコンサートの倍率が聖女祭より高かったことについて「皆さんは24万人の中から選ばれし幸運な人たちなんだから」「皆さん幸運すぎるよ!」「この会場には幸運が満ち溢れている!」とかなり強調しており、その度に客が「いえーーい!!」と叫ぶと私は新しい宗教にでも入ったのかと思った。まぁありがたいけど。

稲佐山での6年ぶりのライブも発表されて、25周年ということでまた期待が膨らみますね。ついこないだも魂リクの音源化が発表されたし。今年は音楽な一年になるのか、それとも映像にもまたチャレンジするのか。

個人的には25周年は全部に手を出してなぁなぁになったってことになって欲しくないので、是非ライブとかもっと構成ひねったりして遊んで欲しいです。3年前?の全アコギライブとかみたいに。とにかく「忙しかった」を理由にはして欲しくない。もし両立が難しそうだったら全然音楽あるいはテレビ王国どっちかに専念してもらって構わないと思うし、現段階では音楽の比重が大きいみたいだからそっちの方を極めてもらいたいというファンの心境。

 

 

総合的にはめちゃくちゃ楽しかったです!ただ年末の年越しライブはいつも帰り際になると衰えを感じることになる...もう夜ふかしが辛くてできない魂ラジじゃないけど。帰りの電車ラッシュがつらすぎるのと、最寄駅がJRなのに大晦日特別ダイヤやってないので、かなりどっと疲労がくるわけですよ。今度からは年越しじゃなくて通常の方に応募しようかな。BBAはつらいよ。

 

あと全然余談ですが私の前にいた人がほんと観覧マナー悪くて中盤そっちに気が散ってしまいました。くねくね踊るのは自由ですが、身長もそんなに低くないのに台を持参してそれに乗っかって左右に揺れるのは本当に迷惑。おかげでせっかく至近距離だったのにかなりの割合で前の人に視界を遮られることになりました。終演後めっちゃ態度悪い感じでスタッフさんにステージに散ってるハート型の紙吹雪取ってもらおうとしてたし。道標ツアーのグッズもってたからそこそこライブ回数入ってると思うのにあれかと考えるとおばちゃんゾッとするよ?...

 

帰り際に福山大明神参拝して帰りました。今年はグッズが結構好みだったからポーチとバッグとタオルとキーチェーンまで購入してしまった。さよならバイト代、こんにちは三が日バイト。